英語をマスター

勉強道具

日本の学校教育では英語教育がしっかりと行われているものの、実践的な英会話になると若干弱い面があります。文章の上で会話表現を知っていても実際に会話するということになるとその言葉が出てこないという人が多く、読み書きはできるけれど会話は苦手という人が多いのが日本人の特徴です。 しかし、考え方によっては英会話ができる寸前にまで来ているということもできます。表現を知らないから話せないのではなくて、口をついて出てこないから話せないだけなのです。 したがって、こういう状況にある人の場合にはともかく言葉を発する練習をすることが大切です。英会話スクールのマンツーマン指導等で話す機会を作れば自然と表現がでてくるようになって話せるようになる可能性が高いのです。

読み書きの英語を中心として習得してきた日本人にとって、実際に政治やビジネスの業界で世界と渡り合っていくのにはビジネス英会話がネックとなってしまっていることが少なくありません。そういった状況を打破すべく、各種英語の資格試験や能力試験が入社試験等でも利用されるようになり、資格に応じた給与待遇の変化なども見られるようになってきています。 そのため、英会話スクールに通って試験対策や実践的なビジネス英語の習得を目指す社会人が増えてきています。そうやって国際社会において通用する英語力を獲得することによって、会社において活躍できる位置を占められるようになろうという傾向があるのです。それに伴って英会話スクール産業も発達しており、マンツーマン指導を原則としたより実践的な指導をするスクールが増えてきています。