就職に有利な力

男女

英語力を高める

今の時代、英語力が多くの企業で求められています。現在就職活動を行っている方はよくわかると思われますが、募集要項にTOEIC何点以上と記載されているところも少なくありません。もちろん、TOEICの点数だけで英語力を完璧に図ることは出来ませんが、企業の採用担当者にとっては1つの目安となっています。ここで問題となるのが、点数が良いからといって英会話ができるとは限らないという点です。文法と会話は別物と言って良いでしょう。日本人はよく英語の文法は詳しいのに、なぜ英会話ができないのとよく言われています。これは教育の問題もありますが、本気で英語をマスターしたいと考えているのであれば、試験の音だけではなく実用的な英会話の能力も強でしょう。

ビジネス英語

さて、英語には敬語がないといった認識が広がっていますが、実際にはそうではありません。時と場所を選んで使い分けなければならない言い回しも当然あります。ビジネスで英語を使う方は、ビジネス英語を学ぶ必要があるでしょう。英会話教室でもビジネス英語を教えてくれるところはたくさんあります。英会話はもちろんのこと、仕事で使われるような文法についても学ぶことが必須となるでしょう。今や、就職活動を行う学生にとってTOEICで点数が良いのは当たり前と言えるかもしれません。さらに1段階レベルが高い英語の力を身に付けておいた方が、就職活動でははるかに有利となるでしょう。将来グローバルに活躍したいと考えている方は、レベルの高い英語力を身につけられるように努力しましょう。